運転手の仕事にはどんなものある!?仕事内容は?


派遣の運転手について

派遣の運転手がいる事をご存じですか?運転手と言っても、役員車両や、スクールバス、福祉介護車両や、送迎バスなど様々な種類の仕事があります。その中である一定の契約期間、必要に合わせて送迎をするお仕事です。

専属運転手って何するの?

会社役員や社長お付き専属の運転手など、特定の人を乗せるので、担当する方のスケジュールに合わせて、場所や時間など一日を通して送迎をします。主に5分前には到着している事が基本で、送迎以外にも、ドアの開け方や荷物の運び方、また、雨の日などは利用者が濡れないように先に傘をさしてサポートしたり、水たまりにも注意が必要です。メリットとして、送迎の待機中は、音楽や本を読んだり自分の時間を過ごす事が出来ます。特定の専属につくので収入も安定しますよね。

反対にデメリットとしては、待機時間の長さがあげられます。待機中は、主に自分の時間を作る事も出来ますが、日によって待機時間は異なるので、その間に車の点検をしたり、社内掃除をしたりと、いかに有効に時間を過ごせるかがポイントです。そしてもう一つは、相手に合わせての仕事な為、残業や、休日出勤などもあるようです。

役員運転手になる方法は?

役員運転手になる為には、運転技術の他に、道路の混雑状況の把握や、運転する地域の地理や守秘義務、気配り、どんな状況でも冷静でいなければなりません。また、もしハイヤーなどの仕事に就くのであれば、二種免許が必要になります。求人については、ハイヤー会社や、タクシー会社などに問い合わせてみる方法があります。

会社に役員用の運転手が必要であれば、人を一人社員として雇うのではなく、運転手の派遣を利用すると良いでしょう。