マンスリーマンションなら家具・家電などが最初からついていて便利


すぐに入居することができる

通常マンションを借りる場合には、契約をした後に家具や家電などを揃える必要があります。そのため入居日に家具などが届くように、配送の依頼などをして必需品を確保しなければいけません。しかしマンスリーマンションの場合は、最初から家具や家電など生活するために必要なものが部屋に備わっています。これによって入居する際に余計な買い物をせずに済み、すぐに生活することができます。はじめて一人暮らしをする場合に、面倒な引っ越し作業をしないで済むのがマンスリーマンションです。単身赴任などで転勤が多い人などにも、おすすめの賃貸形式です。

敷金・礼金が不要なので初期費用を抑えられる

通常、賃貸物件を借りる際には敷金・礼金が掛かってしまい、初期費用が高くなってしまいます。礼金は戻ってくることはなく、敷金も部屋の利用状況によっては戻ってきません。そのため部屋を借りることは最初に家賃の何倍ものお金が必要になりますが、マンスリーマンションの場合は敷金・礼金が不要です。仲介手数料はかからないことが多いですが、管理会社などに委託している場合は発生することもあるのでよく確認することが大事です。しかし、敷金が不要なのは良いですが、マンスリーマンションでは清掃費を払うことが多くなります。これは入居時に支払うことが多く、利用期間に応じて料金の設定がされています。このようなことを理解しておくと、通常の賃貸よりもお得に利用することが可能です。そのため、マンスリーマンションを契約するときは、しっかりと比較することが必要です。

通常の賃貸住宅やマンションと比べると、マンスリーマンションは短期滞在者を想定しており、家具や家電が設置してあります。よって引っ越しの時、手間がかかりません。