ドライバーの仕事って?メリット・デメリットも紹介


たくさんある!ドライバーの仕事の種類

ドライバーの仕事と聞いて、イメージしやすいのは、街中で目にする機会の多い路線バスやタクシーのドライバー、様々な荷物を遠くへ運ぶ大型トラックのドライバーなどですよね。しかし、実はドライバーの仕事にはたくさんの種類があるのをご存知でしょうか。例えば、宅配や引っ越しの際にも、ドライバーが活躍しています。その場合、多くは実際にお客様に荷物を配達してサインをもらったり、引っ越しの梱包作業を行ったりといった業務も仕事内容に含まれることとなります。他にも、個人や特定の企業だけの送迎業務を行う、送迎ドライバーという仕事もあります。このように、ドライバーの仕事は、運転する車や関わる相手など仕事内容に大きな違いがあるのが特徴です。

ドライバーの仕事のメリット・デメリット

ドライバーの仕事の最大の特徴は、一人の時間や空間が多く、自分のペースで仕事ができるという点です。特に、長距離を運転する大型トラックのドライバーは、職場の人間関係などが苦手な方や、一人で長時間働くのが苦にならない方には向いているかもしれません。ただし、宅配便や引っ越し、小型トラックのドライバーは、長距離トラックのドライバーに比べると勤務時間は短いですが、決まった時間内で仕事を完了させる必要がある場合が多いため仕事を選ぶ際には注意が必要です。タクシードライバーは、お客様を乗せている間は接客スキルなどが必要ですが、基本的に自分で計画を立てて業務を行うので、プライベートの時間を確保しやすい傾向にあります。その分、体調管理や収入に関しては自己責任になるため、自己管理のできる方に向いている仕事といえます。

岐阜のドライバーの求人は時折見られます。条件やスキルに合っているところなら応募してみると良いでしょう。